旅行記

妄想バンコク旅行(初日)

妄想バンコク旅行(初日)

「Covidー19の影響でもう3年も好きなバンコクへ旅行に行けていない。完全にタイ欠乏症になってしまった。そろそろ行きたいけどまだまだ無理だろうな…」

こういったストレスに応えます。

今回取り上げる妄想タイ旅行を読むことで、タイ欠乏症の症状が少し抑えることが出来るかもしれません。
この記事を書いている私はタイ バンコクへ留学した経験があります。
またいままで30回以上バンコクへ行っており海外旅行のノウハウを持っています。

初日に行うこと

私のタイ欠乏症を治す目的で初める妄想バンコク旅行をスタートしたいと思います。
まず初日ですが、ほぼ移動で使ってしまいます。
よって初日の行動は2019年3月に行ったバンコク旅行とほぼ同じスケジュールになると思います。
違いは2019年3月に泊まったホテルはオンヌット駅近く、今回はアソーク駅近くになるので、空港以後の行動が少し変わる程度です。

04:00 出発準備開始
05:55 地元の駅から特急に乗って中部国際空港へ
07:20 中部国際空港到着、空港内をフラフラしたのちチェックイン
08:00 空港にあるSUB-WAYにて朝食。
09:50 チャイナエアライン便で台北まで3時間10分のフライト
12:30 台北桃園空港到着、1時間の待機
13:10 台北→バンコク 約2時間45分のフライト
17:30 バンコク スワンナプーム国際空港へ到着
18:00 入国手続き完了、両替と携帯のSIMを契約
18:45 シティーライン→MRTを使ってアソークにあるサムズロッジへ移動
19:45 ようやくサムズロッジへ到着
20:15 遅い夕飯のために私のバンコクの台所、ターミナル21のフードコートへ
20:30 久々の現地タイ料理に涙しながら、カオマンガイとカオカームーを食べる。
21:00 アソーク駅周辺を徘徊し、コロナ禍前と後の違いを調査する。
22:00 渡航の疲れを癒やすため、ART OF MASSAGEで足つぼマッサージを受ける。
23:00 ホテルに帰る途中ロビンソンデパートに寄って、滞在必需品を購入。
24:00 ホテルに戻りシャワーを浴びた後、ベッドに倒れるように就寝。

初日の目的

バンコク旅行上級者からすると、あまりにも普通過ぎて「移動後もっと面白いプランがあるのに…」と思われるかもしれませんが、初日は無理をしないのが私の考えです。
以前9泊10日のバンコク旅行をした際に、移動で疲れ切った初日に無理をして翌日に風邪を引いてしまい、残りの8日間をベッドの上で過ごすという大失態をしてしまったので、それ以降初日は無理をしないと決めたのです。
ということで初日はいつものルーティーンをこなそうと思っています。

私の定宿サムズロッジ

サムズロッジの良いところは1点だけ。
それは立地が良いということです。
BTS(スカイトレイン),MRT(地下鉄)の駅,大型スーパー(Terminal21,ロビンソンデパート),カフェ(スタバ,Amazon Cafe),コンビニ(セブン,ファミマ)とすべてが近くにあり本当に便利です。
今回の妄想バンコク旅行は3泊4日と日程がタイトなので、移動という無駄な時間を可能な限り省きたいので、ここに泊まることにしました。
私は「ベッド,シャワー,トイレ」が1部屋にあれば充分なんです。

私のバンコクの台所 Terminal21のフードコート

ここは私が10年前にタイ古式マッサージを勉強するために短期留学した際、お世話になったフードコートです。
つまり思い出の飲食店なのです。
ここでカオマンガイやカオカームーを食べると「バンコクへ来た!」と思えるので、ほぼ毎回初日にここを訪れています。
ここの料理は特別美味しいわけではありません。
でも安価,メニューが豊富,早いので「これが食べたい」というのが無ければオススメな飲食店です。

Terminal21 フードコート PIER21のカオマンガイ

Terminal21 フードコート PIER21のカオカームー

ロビンソンデパートで滞在必需品を購入

ここの地下にあるTops Marketは何でも揃えることが出来ます。
私は初日にこのようなものを調達します。

  • ドリンキングウォーター,炭酸飲料
  • お菓子
  • マンゴスチン,ランブータンのようなフルーツ
  • 洗剤&漂白剤
  • お土産

「初日にお土産?」と思うかもしれませんが、私は「お土産は最終日に買うものではない」と思っています。
何故なら最終日に「お土産を買いに行かなきゃ!」とわざわざ時間を割いたり、良いお土産が無かった時に、他の店へ探し回るのは無駄だと思っています。
何かの買い物のついでにお土産選びをするのが最も効率的で無駄がありません。
小さなことですがこれは旅の知恵だと思います。

アソーク駅周辺のコロナ禍前と後の違いを調査

アソーク地区は広いし、魅力的な場所が多いので1晩では調査しきれないと思います。

  • Sukhumvit 奇数側 Soi7-19
  • Sukhumvit 奇数側 Soi21-23
  • Sukhumvit 偶数側 Soi8-14

この3エリアに分けて3日間かけて調査をしようかな?と思っています。
本当は短期留学時に泊まったホテルがあるプロンポン駅やトンロー駅周辺も調査をしたいのですが、3泊4日では時間がないので今回はアソーク駅周辺を調査したいと思います。

まとめ

妄想バンコク旅行の初日はこんな感じで旅をしたいと思います。
実際に旅をしたら良く利用したお店が潰れていて、悲しい気分になるかもしれませんね。
余談ですが、本記事が妄想バンコク旅行ではなく「今度バンコク旅行へ行く時の躯体的な行動計画」に内容が変わっているような気が… まぁ良いや。
次回は妄想バンコク旅行(2日目)をお届けします。

お得な情報

工具を買うなら

-旅行記
-, ,