ガジェット

Wi-FiルーターArcher AX73/Aレビュー(買い替え頻度が少ない製品の買い方)

「Wi-Fiルーターってどれを買えば良いんだろう?規格や種類がいっぱいあって分からない。我が家では高速な回線を使っていないので普通に使えて安価な機種で良いけど?」

こういった疑問に答えます。

本ページではWi-Fiルーターのような買い替え頻度が少ない機器を選ぶ考え方をお話したいと思います。
この記事を書いている私は、ガジェット好きで多種多様のガジェットを使ってきました。
スマホだけでも30台以上使った経験があります。

Wi-Fiルータの調子が悪い

取り急ぎ報告します。
最近ネットの通信が安定していませんでした。
Mac用アプリのアップデートが、途中で動いているのか止まっているのか分からないぐらい遅かったり、いままで安定して再生出来ていたYouTubeが途切れたり…
そこで色々と検証をしてみました。

  1. 契約しているケーブルTV側の問題?
  2. ケーブルTVから貸与されているモデムの問題?
  3. Wi-Fiルーターの問題?
  4. Mac OSやSafariの問題?
確認事項 検証方法 通信状況
1.ケーブルTV側の問題 ケーブルTV会社のホームページの障害情報に気になる情報は無い -
2.ケーブルTV貸与のモデム 有線LAN接続で確認 通信安定
3.Wi-Fiルーター 電源コードを抜き10分放置後再接続 通信不安定
4.Mac OSやSafariの問題 ネットで情報を検索したが不具合情報は無い -
  ThinkPad X220(Windows)+Edgeを使い有線LAN接続で確認 通信安定

これらの検証結果から、Wi-Fiルーターに問題があると断定しました。
まぁそうですよね、現在使っているWi-Fiルーターは購入後10年以上経っていますから、もう更新時期が来てもおかしくありません。

私の現在のネット環境

Wi-Fiルーターに接続するのは、M1 Mac mini,iPad Pro 11inch,iPad mini 第6世代,iPhone 13 mini(2台),Fire HD 8 Plus,無印 Amazon Ech,Chromecast,Gioogle Home mini,Apple Watch SE,臨時でThinkPad X220の最大11台です。

ネットは地元のケーブルテレビと契約しており、回線は最低プランの10Mbpsです。
私の場合、主用途がネット観覧,ブログ更新で最も負荷の高い使い方がYouTubeなのでこれで充分なのです。

Wi-Fiルーター選び

Wi-Fiルーターに問題があると断定した私は新規購入するWi-Fiルーター選びに着手しました。
しかし私はネットワーク機器については情弱です。
どういったWi-Fiルーターを買えばいいか皆目見当がつきません。
そこで購入機器選びのポイントを整理してみました。

接続する機器台数

上記のとおり最大11台ですが、10年以上前のWi-Fiルーターでも問題なく使えていたので、最新機種ならどの製品でも問題は無いでしょう。

通信距離

私は2Kの賃貸部屋に住んでいるため現時点で距離の問題はありません。
しかしいずれ2階建ての実家に引っ越す予定です。
いま使っているWi-Fiルーターを実家で使用していた時は通信が若干不安定でした。
よっていままで使っていたWi-Fiルーターより電波の距離が少し遠く飛ぶ仕様、もしくは中継機が使えることが望ましいと考えました。

メジャーなメーカー

Wi-Fiルーターの情弱である私が購入機器を選ぶ方法は、とりあえず有名どころのメーカーを選ぶこと。 有名メーカーであれば、保証やサポートも充実しているから安心が出来ます。
ネットで「Wi-Fiルーター オススメ」で検索して出てくるメーカーの商品なら大丈夫でしょう。

Amazonの評価が4以上

私が有名メーカーに並んで参考にするのは購入ユーザーの評価です。
おかしな日本語が使われてたり、評価数が20以下のモノは避けます。
「ネットショップの評価は当てにならない」と言われていますが、文章をよく読めばサクラかどうかは判断出来ると思います。

大は小を兼ねる(高額は少額を兼ねる)

Wi-Fiルーターは、1年に1回更新するようなものではありません。
私のように10年以上使い続ける人が多いのではないかと思います。
ということは購入したWi-Fiルーターを10年使うとして、その10年間に進んだ技術の恩恵を受けなくなるということになります。
だから私は購入時に可能な限りの最新技術(ハイスペック)を搭載した商品を選ぶようにしています。
例えばWi-Fi6対応機種と非対応機種で数千円の差があるのであれば、高くてもWi-Fi6対応の機種を購入するということです。

TP-LinkのAX73/Aを買いました

上記 購入機器ポイントを踏まえて、TP-LinkのArcher AX73/Aを選びました。

  • 接続台数:80台までOK
  • 接続距離:戸建て3FまでOK,中継機で拡張OK
  • メジャーか?:Amazonに専用のショップがあるので大丈夫でしょう
  • Amazon評価:5つ星中4.3
  • 製品価格:11,500円(2022年1月24日時点)

この商品買う時に気をつけることは、新モデルのArcher AX72/Aが出ています。
調べてみたらこの機種はArcher AX73/Aの廉価版のようです。
具体的にはArcher AX73/AがトリプルコアCPUの1.5GHzに対し、Archer AX72/Aがデュアルコアの1.0GHzにスペックダウンしています
結構なスペック差なのに価格差は僅か100円(Amazon)なのでArcher AX72/Aは選ばない方が良いです。

Archer AX73/A導入

AmazonでArcher AX73/Aをポチり、翌日には到着しました。
設置も設定もとても簡単でなんの迷いもなく使える状態になりました。
最近のWi-Fiルーターは簡単で良いですね。

導入前と後の通信速度の差は… ほとんど変わりませんでした。
Wi-Fiルーターを変えただけで速度差が出ないことは想定内です。
M1 Mac miniで導入前のダウンロードは7.1Mbpsに対し導入後は6.8Mbpsです(若干下がっているのは誤差範囲でしょう)
でも導入前のアップロードは2.5Mbpsに対し7.5Mbpsと倍以上の通信速度になっています。
これは予想外でした。

M1 Mac mini買い替え前

M1 Mac mini買い替え後

まとめ

Archer AX73/Aは私の使用環境を考えたらかなりオーバースペックだと思います。
でもこの先、回線プランを変更したり動画を扱うようになったりと使用環境が変わるかもしれません。
そう考えたら高額でも保険の意味でオーバースペックの機種を買っても問題ないかな?と思っています。
Wi-Fiルーターのように買い替え頻度が少ないガジェットは「可能な限り最新技術が投入されたハイスペックな機器」を購入した方が、将来的にコスパが良い」というのが私の持論です。

お得な情報

工具を買うなら

-ガジェット
-