バンコクの便利な場所

日本語、海外旅行保険OK、 BLEZ INTERNATIONAL CLINIC

投稿日:

バンコクで病気になったら心配

「バンコクへ留学をすることが決まったけど病気になったらどうしよう?タイ語も英語も話せないし… 海外旅行保険は入っていた方が良いのかな?」

こういった疑問に答えます。

本日取り上げる日本語が通じ、海外旅行保険が使える病院を知ることで、安心して留学生活を送ることが出来ます。
この記事を書いている私はタイ バンコクへ留学した経験があります。
また2020年9月現在31回バンコクへ行っており海外旅行のノウハウを持っています。

BLEZ INTERNATIONAL CLINIC

本日は2019年7月の旅行でお世話になったBLEZ INTERNATIONAL CLINICを紹介します。
旅行中は病院にはあまりお世話になりたくないですよね。
でもいざという時の為に、場所と手続き方法ぐらいは覚えておいた方が良いでしょう。

BLEZ INTERNATIONAL CLINICの場所

BLEZ INTERNATIONAL CLINICの場所は簡単です。
Soi21とSoi23の間、スクンビット通り沿いにあります。

  • BTS ASOK駅でプロンポン側の改札を出ます。
  • 歩道橋を真っ直ぐ進みます(プロンポン側)
  • スクンビット奇数側階段を降ります(Sukhumvit Sweet Hotel横)
  • 階段を降りたら左折し進みます(プロンポン側)
  • 10mほど進むと左側にBLEZ INTERNATIONAL CLINICがあります。

BLEZ INTERNATIONAL CLINICはどんなところ?

BLEZ INTERNATIONAL CLINICを旅行者の立場で説明すると「日本人スタッフが常駐しているので言葉の壁が無く、海外旅行保険が使える病院」ということになります。
私のようにタイ語,英語が話せない人にとっては本当に助かります。
そして海外旅行保険利用の手続きも病院側でしてくれます。

実際に診察を受けて

私が診察を受けた手順はこんな感じでした。
まずは病院へ行くまでの経緯を説明しましょう。

  1. まず隣のBLEZ BLEAZ MARMACYへタイの風邪薬を買いに行った。
  2. 薬局で症状を説明した。
  3. インフルエンザの可能性もあるので診察を受けることを勧められた。
  4. ホテルへパスポート&海外旅行保険証書を取りに戻った。
  5. BLEZ INTERNATIONAL CLINICで診察を受けた。

ということで、blez international clinicで診察を受けるには、パスポート(コピー不可)と海外旅行保険証書(タブレットの表示でok)が必要になります。
では次に診察の手順を説明しましょう。

  1. まず受付で症状を説明した(神戸から来た日本人のおねーさんだった)
  2. パスポート&海外旅行保険証書を提示した。
  3. 海外旅行保険利用の手続きを行った(ここまでで20分)
  4. 受付のおねーさんの通訳で若い男性の先生と問診を行った。
  5. 胸の聴診,のどの視診,最後にインフルエンザの検査を行った。
  6. 抗生物質,解熱剤,鼻の通りを良くする薬,咳止め薬を受け取った。
  7. 支払いは海外旅行保険を使ったので当然無し。

海外旅行保険利用の手続きにちょっと手間取ったが、トータル約50分で診察が終了しました。
対応はタイの文化 マイペンライ♪(気にしないで)というテキトーな対応は無く、とても丁寧で安心して診察を受けることが出来ました。
レントゲンとか設備については今回私は利用していないし私は医者じゃ無いので分かりませんが、新しい設備を使っていると思います。
また病院内もきれいで、とても清潔感がありました。

BLEZ INTERNATIONAL CLINICはお勧め?

まぁ楽しい旅行中はあまり利用したくはありませんが、いざという時には安心して利用できる病院だと思います。
見知らぬ地で病気になってただでさえ不安なのに、日本語でOK,海外旅行保険利用の手続きを全部やってもらえる(日本の住所,電話番号,アレルギーの有無を書くといったことはありますが)ということだけでも本当に安心が出来ると思います。
もしバンコク滞在中に体調が悪くなった時のためにも、BLEZ INTERNATIONAL CLINICの名前と場所は覚えておいて損は無いと思います。

-バンコクの便利な場所
-, , , ,

Copyright© BeBeLog , 2021 All Rights Reserved.