ガジェット

あんなことを言っていたのにM1 iPad Pro 11 inchを買ってしまった言い訳

更新日:

言い訳

エェ… 以前こんな記事を書きました。

私がiPad Pro 2021年モデルを買わない5つの理由

M1 iPad Proに買い換える必要がある? 「M1のiPad Pro が出た。いま旧型のiPad Pro (2020年モデル)を使ってるんだけど買い換える意味があるかな?」 こういった疑問に私なり ...

また,こんな記事も書きました。

iPad Pro 11と12.9 inchどちらを購入すればいいかを迷っている方へ

iPad Pro 11inchか? 12.9 inchか悩んでいませんか? みなさんの中にはiPad Proの購入は決めてるけど、11inchか12.9inchかどちらを買うか悩んでいる、もしくは11 ...

なのに…

本日はその理由(言い訳)を書きたいと思います。

私の環境が変わった

過去の記事で「M1 iPad Proは不要」とか「11 inchは小さい 12.9 inchが最適サイズ」と私は書きましたが、環境が変わったために12.9inchでは都合が悪くなりM1 iPad Pro 11 inchを購入しました。

仕事が忙しくなってブログを書く時間が取れなくなった

私が務めるリラクゼーションのお店はまだコロナ禍が収束していないにも関わらず仕事が忙しくなってきました。
理由はお客様が増えたのではなく、同僚セラピストが減ったために施術をする順番が早く回るようになったからです。
ちょっと前までは 3人/日しか施術が出来なかった日が多かったのですが、最近はコンスタントに5〜7人/日施術が出来るようになってきました。
それはそれでハッピーなのですが、家に帰るともうヘロヘロで… 疲れてブログを執筆する気になれなくなっています。
そこで隙間時間を利用してブログを執筆出来ないか?と考えました。
いままでもポメラやiPhoneを使って隙間時間にブログを執筆していたのですが…

  • ポメラは文章作成能力は高いが、他デバイスに文章を転送したりそれを修正するのが手間。
  • iPhoneは文章を俯瞰的に見難い,ソフトウェアキーボードが入力し難い。

そういう文書作成,文章見直し,WordPressでアップロードといった一連の仕事を1つのデバイスで行いたいと思い、そういった使い方に1番向いているデバイスはiPadではないか?と考えました。

外出時にも使いたくなった

Twitterでも呟きましたが、最近iPad Pro 12.9 inch+Apple Pencil2でマインドマップを使って頭の中の考えを整理することにハマっています。
仕事後は疲れてやる気にならないので、最近は朝1時間早く起きてマインドマップを使った考えの整理を行っています。
しかし考えの整理は1時間で終わることもあれば、終わらないこともあります。
「あぁ〜もう出勤しなきゃ… もう少しやりたいな」という日がよくあるので、外出時にiPad+Apple Pencilを使いたいという思いが募ってきました。

M1 iPad Pro 11 inchを購入した理由

上記2つの理由から、実験的に所有しているiPad Pro 12.9 inch+HHKB+Apple Pencil2を持って、職場や近所のカフェで執筆やマインドマップ作成を行ってみました。
しかしさすがに厳しかった。

やはり12.9inchは外出時には向いていない

iPad Pro 12.9 inchを購入した時は、自宅でしか利用しないつもりで買ったので非常に満足していました。
しかし外出時に利用すると予想したとおりの問題が目につきました。

  • バックパックに入れ、移動は車なので重さは気にならなかった。
  • しかしデカさは予想以上に影響が大きかった。
  • 職場控室のテーブルで使ったら面積を大きく使い他のスタッフに迷惑をかけてしまった。
  • カフェのテーブルで使ったらかなり大袈裟で恥ずかしい(スマートじゃない)
  • Wi-FiモデルなのでiPhoneのテザリング接続でネットを利用してみましたが、まぁまぁ手間。
  • HHKBではなくソフトウェアキーボードで使ってみたら打ち間違い連発。

こんな不満を感じて数日間使ってみましたが、外出時にiPadを使ってブログ執筆やマインドマップ作成をすることはなかなか快適でした。
しかしデカさが…
「それを解決するにはコンパクトなiPadを手に入れるしかない」という考えに至りました。

iPad mini 第6世代があれば…

私はリーク情報や噂話からiPad mini 第6世代の発売は、今年の新型iPad Pro発表時かWWDCと読んでおり、発売されたら即購入するつもりでした。
しかしそれは見事に外れました。
その後のリーク情報や噂話では年内に発売される可能性が高いとのことなので、いまiPad mini 第5世代を買うのは頭の良い買い物ではありません。
では「今年の年末までiPad mini 第6世代を待つか?」と言ったら、iPad mini 第6世代の情報はあくまでも噂話で年末までに発売される保証は無いし、私の希望する仕様になる保証は全く無いので、コンパクトなiPadとしてiPad mini 第6世代は選択肢から外れました。

その他の選択肢

次に「無印iPad,iPad Airを買うか?」という考えになるのですが、その2つのデバイスは何となく中途半端感があって食指が動きませんでした。
無印iPadは初代Apple Pencilも購入しなければならないので、選択肢にも入っていませんでした。

M1 iPad Pro 11 inch

残るは、M1 iPad Pro 11 inchとなります。
以前、私はiPad Pro 11 inch 2018年モデルを使っていたので、使用感については分かっていました。
それ故に11 inchのイマイチなところを知っています。
しかしそのイマイチなところは12.9 inchと比べての欠点です。
しばらくiPad Pro 12.9 inch 2020年モデルは手元に残す予定なので、11inchの欠点はカバー出来るだろうと考えて11inchを購入することにしました。

私が購入したiPad Pro 11 inchの仕様

上の注文書写真を見れば分かるでしょうが、一応文章にしておきますね。

  • モデル:iPad Pro 11inch Wi-Fi+Cellularモデル
  • カラー:シルバー
  • ストレージ:256GB
  • 周辺機器1:Smart Keybord Forio(USキー配列)
  • 周辺機器:i-Blason iPadPro 11.0 インチ ケース
  • 周辺機器:ESR iPad Pro 11 カバー(Smart Folio相当品)
  • サプライ:「PCフィルター専門工房」 iPad Pro 11 用ペーパーライクフィルム

どこでも使いたいので、今回はWi-Fi+Cellularモデルを購入しました。
IIJmioのeSIMプランを利用する予定です。
ストレージは128GBでも充分かと思ったのですが「iPadのストレージは自分が欲しいと思った容量の1つ上を買う」というYouTuberの教えを信じて256GBにしました。

Smart Keybord ForioとESR iPad Pro 11 カバー(Smart Folio相当品)の2つを購入した理由は、Smart Keybord ForioやApple Pencil2を使う際にESRのカバーを折り畳んで下に敷くことで、iPad Proの画面を斜めにすることが出来るかも?と考えたからです。
これについては検証後に記事をアップする予定です。

ペーパーライクフィルムについてはいままで色々なメーカーを試しましたが、PCフィルター専門工房のPLフィルムが1番紙+鉛筆の触感に近いと感じたので、これをチョイスしました。

ちなみにMagic Keybordは眼中にありませんでした。
私はApple Pencil2を使ったタブレットスタイルでの使用が多いので、基本ノートPCスタイルで使うMagic Keybordは部屋のオブジェになる可能性が高いと思ったからです。
そして高価,重い,指紋でベタベタの3重苦にお金を出す余裕がありませんでした。

まとめ

以上が私が買わないと言っていたにも関わらずM1 iPad Pro 11 inchを購入した理由です。
ガジェットの神様ごめんなさい。
周辺機器はすでに私の手元に届いています。
M1 iPad Pro 11 inchは、明日には届く予定なので、また使用感等とかをレビューしたいと思います。

-ガジェット
-

Copyright© BeBeLog , 2021 All Rights Reserved.