ガジェット

ブログ&メルカリ用にコスパが高い物撮り用ライト

投稿日:

撮影用ライトが欲しい

「ヤフオクやメルカリ出品時に物撮りがしたい。夜でも撮影が出来る様にライトが欲しいけど種類が多すぎて選べない。オススメのライトって無いかな?」

こういった疑問に答えます。

本日取り上げる撮影用ライトはあなたが求める商品かもしれません。
この記事を書いている私は、ガジェット好きで多種多様のガジェットを使ってきました。
スマホだけでも30台以上使った経験があります。

私が求める撮影用ライト

私は以前から撮影用のライトが欲しいと思っていました。
本ブログやヤフオク用の商品説明写真を夜間にも撮りたいと思ったからです。
しかしAmazon等で「撮影用 ライト」で検索すると沢山の候補が出てきます。
そのために「商品を絞り込むことが出来ない→後日にする→他に欲しい物が出てくる→再びライトを検索→後日にする」と堂々巡りを繰り返し、気がつけば数年も経ってしまいました。
そこで私は頭の中をマインドマップで整理をして「私に必要な撮影用ライトはどんな商品か?」を絞り込むことにしました。
その結果は以下のとおりです。

  1. プロ向け機材は不要
  2. 撮影対象はブログやオークションで商品説明に使うモノ
  3. 被写体の影を消したいので2灯欲しい
  4. ライトの設置は高さ調整可能なスタンド型が好ましい
  5. ライトは角度等を細かく調整出来るものが好ましい
  6. 予算は5,000円まで

ここまで条件を決めると、随分と商品の絞り込みが出来るようになりました。
その結果私が購入したのが、今回レビューをするEMART LEDビデオライトです。

EMART LEDビデオライトの仕様

この商品のパッケージ内容は以下のとおりです。

  1. ケーブル付きUSBLEDライトパネル2個
  2. 調節可能な三脚スタンド2個
  3. ホワイト,レッド,オレンジ,ブルーフィルター各2個
  4. ミニ多機能三脚2個
  5. ボールヘッドホットシュー2個

Amazonの商品説明欄にはこう書かれていました。

  • 豊かな使用パターン : 写真撮影連続テーブルトップ照明は、180度角度を調整し、異なる照明体験を提供します。 このビデオライトには66個の省エネ LED 電球が装備されており、ライトをより豊かにし、不要な影を軽減します。 明るさは自由に調整でき、11段階の明るさレベルであらゆるニーズに対応します。
  • 多様な撮影効果: LEDビデオライト (レッド、ブルー、オレンジ、ホワイト)。4つのカラーフィルター付き。さまざまな視覚体験を提供します。 1 つのオブジェクトは異なるスタイルを生成します。 これは写真家にとって最高の選択です。 写真でもビデオでも、ポータブル写真照明キットは不可欠です。
  • ライト付きの調節可能な三脚スタンド: 21インチ / 53cm から 54インチ / 136 cmまで延長可能。使用時にご希望の長さにロックすることができます。 通常の延長ポール設計と比較して、emart 三脚はロック式設計を採用し、使用時にポールが滑り落ちません。 床に立てたり、テーブルの上に置くだけで便利です。 アルミニウム合金素材を使用し、丈夫で壊れにくい。
  • 幅広い用途: Youtubeビデオ写真は、リビングルーム、勉強部屋、ベビールーム、バスルーム、オフィス、スタジオなどに適しています。製品のポートレート、YouTubeビデオ写真に最適です。

EMART LEDビデオライトの良い点

まずはこのライトの良い点を紹介します。

コストパフォーマンスが高い

撮影ライト2台セットで4,580円(2021年11月時点価格)なので、なかなかコスパが高いです。
こういった商品は値段相応のところがあるので、下記イマイチな点のようなことはありますが、私の目的を達することを考えれば納得の価格です。

丁度良い

Amazonの商品説明では、商品の大きさが想像し難かったのですが大きすぎず小さすぎず、取り回しの良い商品でした。
また明度も明るすぎず暗すぎずと、ブログやオークションで商品説明に使うモノを撮影するには丁度良い商品でした。

最低輝度の明るさ

最大輝度の明るさ

光のコントロールがしやすい

私は撮影のド素人なのでそういう人の意見として聞いて欲しいのですが、光量調整,角度調整,高さ調整等が細かく出来ます。
私は他の撮影用ライトを使ったことが無いので分からないですが、プロ用の高価なライトはもっと細かく、もっと調整がしやすいかもしれません。
でも少なくともこの商品は、私の使用用途に限って言えば「細かく調整が出来る」と感じています。
Amazonで売っている他の商品を見ると「これってどうやって角度調整をするんだ?」といった商品がありますからね。

電源スイッチと輝度調整コントローラー

イマイチな点

では次にこのライトのイマイチな点を紹介します。

体が弱そう

商品説明には「アルミ合金素材で壊れにくい」と書かれていますが、ライト本体、スタンドも含めて華奢でいかにも体が弱そうに感じます。
あまり雑に扱うと簡単に壊れてしまいそうなので丁寧に扱う必要があります。
本体強度は値段相応と言わざるを得ません。

すべてのフレームが細くて頼りない

電源アダプターは欲しかった

本ライトには電源アダプターは付いていません。
USB Type Aの電源アダプターを2つ用意する必要があります。
私はたまたま昔使っていた電子タバコの電源アダプターが余っていたのでそれを流用しましたが、電源アダプターぐらいは同梱して欲しいと思いました。

まとめ

EMART LEDビデオライトは、筐体強度に不安はありますが、とりあえず私の目的を達成出来る商品なので概ね満足しています。
実際に撮影をしてみても使い勝手は悪くありませんし、値段も安いのでオススメな商品だと思います。
問題なのは私のライティングスキルがゼロであることで、この商品を使って満足できる物撮りが出来るように腕を磨きたいと思います。

お得な情報

-ガジェット
-

Copyright© BeBeLog , 2021 All Rights Reserved.